メニュー

大腸内視鏡(大腸カメラ)検査

当院の内視鏡検査

食道・胃・十二指腸を直接観察する上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と大腸を直接観察する下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行っています。

楽な検査だったので次回も受けても大丈夫と思って頂くようにする事が重要だと考えており、初めて内視鏡検査する方や以前に苦痛があった方は、当院では検査時の苦痛を最小限にするよう心掛けており、上部消化管内視鏡検査は、鼻からの経鼻内視鏡も行っています。

また、希望により静脈から鎮静剤を投与して寝ている状態での検査を受けて頂く事が可能です。

内視鏡の洗浄・消毒

内視鏡ガイドラインに沿って安全・安心して検査を受けて頂くため内視鏡検査機器に関しては洗浄・消毒の徹底管理を行っています。

大腸カメラをおすすめします

  • 検診の便検査で陽性になった方
  • 便に血が混ざる方
  • 便が出にくい方
  • 大腸ポリープがあった方
  • 肉親に大腸癌がある方
  • 潰瘍性大腸炎やクローン病の方
  • 糖尿病がある方

下部内視鏡検査

下剤を内服して頂き、腸内をきれいに空にして頂いた後、内視鏡で大腸を直接観察する検査です。大腸内視鏡検査では、時に痛みを伴う事もありますが、内視鏡専門医が行う場合に痛くならないような挿入技術を用いて行います。また、鎮静剤も用いて緊張を取り除いて楽に検査を受けて頂きます。10mm以下の切除可能な大腸ポリープがあった場合には、その場での切除も行います。

大腸内視鏡検査では、空気を入れて観察を行う事が多く、空気は吸収されないためお腹の張りにより、検査中や検査後の苦痛を伴う事が多いのですが、当院では空気ではなく、炭酸ガスを用いて観察する事でお腹の張りを軽減出来ます。炭酸ガスは空気に比べて200倍以上吸収が速く、吸収された炭酸ガスは呼吸により自然に排出され、検査後は速やかにお腹の張りが解消されます。

大腸ポリープは、ポリープが癌化して時間経過で進行大腸癌になり、肝臓や肺などの臓器に転移する事があります。ポリープの段階で切除する事が大腸癌予防になります。また、大腸ポリープが癌化していても、早期であれば内視鏡で切除し完治する事も可能です。

検査前日

前日の夕食は21時までに済ませて下さい。その後は、水分摂取には制限がありません。就寝前にお渡ししている下剤を内服して頂きます。

検査当日

検査の6時間前からお渡ししている下剤を水やお茶で飲んで頂きます。不安がある方は院内での下剤内服を行う事も可能です。

ご来院

検査30分前には来院して頂き、検査着に着替えて頂きます。

検査時

鎮静剤を静脈から投与し、通常は5分程度で内視鏡を盲腸まで挿入します。盲腸から直腸まで内視鏡を引きながら15分以上かけて観察しますが、ポリープなどの病変があった場合には生検(病理検査)や切除などを行います。

検査終了後

別室へ移動して頂き、30~60分程度お休み頂きます。検査終了後は、検査結果、治療の方法、注意点や今後の方向性などをご説明し、報告書をお渡します。

費用

内容/負担 1割負担 3割負担
下部消化管内視鏡検査(観察) 2,000円程 6,000円程
下部消化管内視鏡検査(病理検査あり) 3,000~5,000円程 9,000~15,000円程
下部消化管内視鏡検査(ポリープ切除あり) 7,000~10,000円程 20,000~30,000円程

大腸ポリープを切除すると「内視鏡手術」として生命保険会社から還付金が出る場合があります。詳しくは保険会社へご確認下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME