メニュー

胃内視鏡(胃カメラ)検査

当院の内視鏡検査

食道・胃・十二指腸を直接観察する上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と大腸を直接観察する下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を行っています。

楽な検査だったので次回も受けても大丈夫と思って頂くようにする事が重要だと考えており、初めて内視鏡検査する方や以前に苦痛があった方は、当院では検査時の苦痛を最小限にするよう心掛けており、上部消化管内視鏡検査は、鼻からの経鼻内視鏡も行っています。

また、希望により静脈から鎮静剤を投与して寝ている状態での検査を受けて頂く事が可能です。

内視鏡の洗浄・消毒

内視鏡ガイドラインに沿って安全・安心して検査を受けて頂くため内視鏡検査機器に関しては洗浄・消毒の徹底管理を行っています。

胃カメラをおすすめします

  • 胃痛、胸焼け、胃もたれ、のどや胸のつかえ感がある方
  • 嘔気、体重減少などの症状がある方
  • ピロリ菌検査で陽性の方(ABC検診でB群、C群、D群)
  • ピロリ菌除菌を行った方
  • 検診・人間ドックで要精密検査の方
  • 黒い便が出た方
  • 肉親に胃癌がある方
  • お酒を飲んで顔が赤くなりやすい方
  • 癌年齢(40歳以上)の方

上部消化管内視鏡検査

細い柔軟なスコープを鼻もしくは口から挿入し、食道・胃・十二指腸を直接観察します。苦痛を最小限にするよう経鼻内視鏡を用いた検査を行っています。

内視鏡専門医が検査を行い、スコープが触れると強い嘔吐反射が起こりやすい舌の根元などの部位があり、なるべく接触させず嘔吐反射が起こらないように努めます。

鎮静剤を用いる事で苦痛を感じる事なく、寝ている間に内視鏡検査が終わっており、苦痛を感じないように配慮します。高齢や体格などを十分考慮し、安全に検査を行います。

検査前日

前日の21時までに夕食は済ませて下さい。夕食後は、検査終了まで食事は出来ませんが、水やお茶などの水分摂取は可能です。前日の夜まで内服薬はお飲み頂いて結構です。

検査当日

検査前までは水分摂取は可能です。当日の朝は食事が摂れないので、糖尿病のお薬を内服されている方やインスリンを使われている方は、低血糖になる事があり、指示がない限り内服は中止しておいて下さい。

ご来院

予約時間の15分前に来院して下さい。検査前に確認事項があります。

検査の実施

胃の泡を消すお薬を飲んで頂きます。口からの内視鏡検査の場合は、麻酔薬で喉の局所麻酔を行います。鼻からの内視鏡検査の場合は、鼻にスプレーの局所麻酔を行います。苦痛を軽減する鎮静剤を用いた検査をご希望される場合は、検査前に鎮静剤を静脈から投与します。検査が始まり、食道・胃・十二指腸を観察します。食道・胃・十二指腸に癌が疑われる場合やポリープなどの粘膜の性質を確認する必要がある場合、胃炎があり、ピロリ菌感染の有無を評価する場合などの目的で粘膜の一部を生検(採取)する事があります。内視鏡検査終了まで5分~10分程度です。

*鎮静剤を使用する場合は、お車を運転しての来院は出来ません。

検査終了後

鎮静剤を用いている場合には、別室へ移動して頂き、30分以上お休み頂きます。
検査終了後は、検査結果、治療の方法、注意点や今後の方向性などをご説明し、報告書をお渡します。

費用

内容/負担割合 1割負担 3割負担
上部消化管内視鏡検査(観察) 2,000円程 6,000円程
上部消化管内視鏡検査(病理検査あり) 3,000~4,000円程 9,000~12,000円程

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME