メニュー

適応障害

「原因となるストレスを生じてから1ヶ月以内に発症し、ストレスが解消して6ヶ月以内に症状が改善する」とされています。生活の中で感じる家庭や学校、仕事場などでのストレスや新しい環境(引っ越し、結婚、進学、就職など)に適応できず、ストレスが始まって約1~3ヶ月以内に不安感やうつ状態、攻撃的な行動などの症状が現れて社会生活に支障を来たします。適応障害は、「能力の低さ」や「わがまま」ではなく、放っておくと「うつ病」へ移行する事があり、早めの対処が必要です。

 

(検査)

問診

血液検査(甲状腺機能など)

頭部CT検査、頭部MRI検査

 

(症状)ストレス因により引き起こされる情緒面の症状(抑うつ気分や不安感、焦燥感、集中力の低下などこれらの症状により不眠やめまい、動悸などの身体症状が現れます)や行動面の症状(万引きや暴力などの素行障害、摂食行動異常、遅刻や無断欠勤など社会生活を営むうえで他者にとっても障害になるような行為が現れます)により、社会的機能が著しく障害されている状態がみられます。基本的にストレスが解消されれば、6ヶ月以内に症状は改善します。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME